中学受験 塾なしでチャレンジ(2020年)

今年(2019年)6年生になって娘が急に『中学受験したい!!』と言い出しました。本人は塾に行かずにチャレンジすると言い出した。そんなカオスな日常を綴っております。

クリスマスサンタクロース問題

f:id:h-dayumauma4:20191008103806j:plain

 

サンタを信じている小学6年生

 

 

あと2カ月ちょっとでクリスマスです。



娘は今現在小学6年生なんですが、実はまだサンタクロースがいると信じています。



何を隠そう私も小学6年生までサンタクロースがいると信じていました。



サンタの正体がなぜ両親という事が分かったかと言うと・・・

 


私が小学6年のクリスマス間近に・・・

 


母『今年のクリスマスはサンタさん来ないよ。』

 


私『え?なんで?』

 


母『お父さんとお母さんがサンタやから。』

 


私『え~!!!!』

 


母『今から一緒にクリスマスプレゼントを買いに行こう♪』

 

 

私『・・・・・・。』

 

 

 

すごくショックだったんです。

 



あまりのショックに、弟にサンタの正体を暴露しそうになりました。(笑)

 

 

私は幼い頃にフィンランドのサンタさんから手紙が来たんです。



英語と日本語で書かれた手紙です。



そんな手紙が来ると、絶対サンタさんはいると信じてしまいますよね。(苦笑)



サンタさんはいつも私を見てくれているから、いい子でいないとダメだと幼いながら思っていました。

 

 

 

サンタさんから来た手紙を、大事に大事にしまっていました。



そして私も娘にサンタさんからの手紙を送っています。

 



クリスマスサンタクロース問題

f:id:h-dayumauma4:20191008104745j:plain

 

クリスマス間近になると、毎年娘の欲しいものを聞き出す作業が始まります。

 

 

私『サンタさんに手紙書かなあかんから、欲しいプレゼントを3つまで教えてな。』

 

 

娘『私がサンタさんに手紙書くからええよ。』

 

 

私『いやいや英語で書かなあかんから。』という毎年恒例のやり取りも今年で終わりなんですね。(しみじみ)

 

 

今まで娘に何度か聞かれたことがあります。

 

 

 

娘『友達がサンタさんは親っていうけどホンマ?』

 


私『私がサンタかもよ~♪』(内心焦る)

 


娘『(しばし考えて)いや~どう考えてもケチな母ちゃんが高いプレゼントを買ってくれると思われへんわ。』と納得しています。

 


私がケチで良かった♪

 

 

 

 

 私『でもサンタは小学生の間しか来ないよ。』

 


娘『なんで?』

 


私『私もそうやったけど、サンタさんは子供の間しかこないよ。中学生になると欲しいものも高くなるやん、サンタさんお金なくなるわ。』(苦しい言い訳)

 


娘『そうやな。20歳までサンタさんがプレゼントあげてたら大変やな。』と納得してくれた様子。



娘よ単純でありがとう♪

 

 

まだクリスマスまで2カ月ちょっとあるけど、娘はサンタさんから貰える最後のプレゼントを今から何にしようか?と考えている様子に自然と笑みがこぼれます。



私の両親もこんな気持ちで私の事を見てくれていたんだなと思うとほっこりします



園に通っているお子さんを持つ方はこんなカードもありますよ。



サンタさんからの手紙も嬉しいけど、ヒーローや、ヒロインからもらえる手紙も嬉しいですよね♪

 スポンサーリンク


私の今現在の悩みは、サンタが親という事をいつ告白しようか・・・と中学受験数学の難しさに頭がおかしくなりそうなことです。

 

 

サンタさんがいたら、私の頭をもう少し算数が得意な頭に変えて!!とお願いしたいです。(切実)

【子供の習い事】得た事と反省点

f:id:h-dayumauma4:20191010142101j:plain

 

娘が今までしていた習い事はスイミング、ピアノしかありません。

 

 

小さい時から今まで続いているのは、こどもちゃれんじ(進研ゼミ小学講座)だけです。

 スポンサーリンク

 

~進研ゼミ小学講座~

 

f:id:h-dayumauma4:20191006142058j:plain


 

娘が幼い頃から、しまちゃんのぬいぐるみに助けられながら育児をしてきました。

 

 

はみがきを嫌がったら、しまちゃんのぬいぐるみを持って『ほ~らしまちゃんが一緒に磨いてあげるって言ってるよ~』などと言ってはみがきをしたり、園での過ごし方をDVDでレクチャーしてもらったりと本当に我が家では大活躍でした。

 

 

小学校に上がり、今現在も小学講座で学習しています。

 

 

ちなみに私も大昔に小学講座をしたことがありますが(努力賞プレゼントに惹かれて)、2カ月も持ちませんでした。(恥)

 

 

娘には進研ゼミ小学講座が合ったようで、スケジュールに従ってさぼったら週末に仕上げるといったことを繰り返して今現在に至ります。

 

 

周りのお友達が公文や塾に行きだした時に、『塾とか行かなくてもいいの?』と聞くも『寒いときとか外に出るの嫌やん。塾に行く往復の時間がもったいないし、しまちゃんがええねん。』と言われます。

 

 

努力賞ポイントを集めて、欲しいものをプレゼントしてもらえることが嬉しいようです。

 

 

娘は基本平日は毎日公園に通う昭和な子供です。

 

 

そんな娘が自主的に勉強するのは難しいので、低学年の内はお母さんが『しまちゃん出来てるの?』という声掛けをしながら進めて行かないといけません。

 

 

週末に進捗状況をチェックするのもお母さんの役割です。

 

 

でも5年生ぐらいからは、ちょっとやってなさそうだなと言うときに声掛けをするだけで、自分でしまちゃん(進研ゼミ)をするようになります。

 

 

何で自主的にしまちゃんをするのか聞いてみると

 

娘『いや~母ちゃんは知らんと思うけど、これ溜めるとめっちゃ大変なことになるねん。週末が嫌になるからやってる。』という返事。

 

 

我が家ではしまちゃん(進研ゼミ)が娘に合ったようで、スケジュールに従って毎日宿題の後に20分するのが習慣になっているようです。

 

 

進研ゼミをして良かったと思うところは、自分で自主的にスケジュールをこなしていく力がつくのではないかと思っています。

 

 

 

~スイミング~

 

f:id:h-dayumauma4:20191006142149j:plain

 

娘は気管支喘息なので、スイミングがいいと聞き習い始めました。

 

 

娘は水をスゴク怖がっていたので、慎重に娘を説得しました。(髪の毛を洗うときに、顔に水がかかるのをスゴく嫌がる)

 

 

娘から習いたいと言ったわけではないので、まず目標を決め、その目標に到達したら辞めてもいいという約束をしました。

 

 

目標クロールを25m泳げるようになる事。

 

 

進級テストで合格したら、ケーキを買ってお祝いすることにしました。(モチベーションアップのため)

 

 

スイミングも楽しい♪と言うようになり、続けてくれるといいなと思っていたら・・・

 

 

娘『もう25m泳げるようになったから辞めるわ。』(笑顔)

 

 

私『もうちょっとだけしてみたら?』

 

 

娘『母ちゃん約束やで。約束は守らなあかんやん。』と言われ母撃沈(苦笑)

 

 

スイミングを習って良かったと思うのは、水を怖がらなくなって、体力もついたように思います。

 

 

~ピアノ~

 

f:id:h-dayumauma4:20191006142300j:plain



娘の友達のお父さんが趣味で楽団に入っていたので、幼い時からその演奏会に出かけていました。(小さい子供と一緒に聴ける音楽会)

 

スポンサーリンク

 

楽器に興味を持ち、自分からピアノが習いたいと言いだし、ピアノを習うようになりました。

 

 

娘にとっては初めての習い事です。

 

 

ピアノを習って良かったと思うところは・・・

 

 

①暗記力

 

発表会では楽譜を見ないで演奏します。

 

楽譜を覚えて、右手、左手の動きを頭の中に記憶し演奏します。

 

 

②度胸がつく

 

娘が習っていたピアノ教室では年1回発表会がありました。

 

可愛いドレスを着て(娘にとってこれが1番嬉しかった様です)、舞台に上がって多くの人の前でピアノを弾くので度胸がつきます。

 

これを経験しているからか?

 

模試を受ける時も『全く緊張せえへん。』と言います。

 

 

③達成感を得ることができる

 

毎日少しの時間でもピアノを弾かせていました。

 

ピアノ発表会が近づいて来るといつにも増して練習します。

 

自分が今まで努力してきたことの成果が発表会で出て、達成感を得ることが出来る。

 

ピアノの先生、祖父、祖母にスゴく褒められてやる気もUPしていました。

 

 

なぜ娘がピアノを辞めたのか・・・

 

 

私が原因です。

 

 

私が毎日少しの時間でもピアノを触るように言っていたので

 

 

娘『ピアノを弾きたくない気分の時があるの!もうこれ以上習っているとピアノの事がキライになるから辞めたい』と言われてしまいました。

 

 

ピアノが好きで、自分から習いたいと言いだした娘。

 

 

その大好きなピアノをキライになると言わせてしまった私・・・。

 

 

今考えれば分かる事ですが、幼いころ(5歳から3年間)に毎日ピアノを弾かされるって苦痛以外のなにものでもないですよね。

 

 

ピアノを弾きたくない時もありますよね。

 

 

私がもっと余裕を持って娘に接したら良かったとこの時心から反省しました。

 

 

 

ピアノの先生に娘に才能があると言われると、娘の為だと思って一生懸命サポートしますが、行き過ぎると娘の才能どころか娘の好きをも奪ってしまうことにもなるんだなとこれは習い事で得た恥ずかしい反省点です。

 

 

今回このブログを書くことによって、自分と向き合い感傷的になってしまいましたが、親はいつでも子どものしたいことを応援しているし、またそのために出来る事は何でもしたいと思っています。

 

 

我が家の娘は受験生・・・だから今日も私は理科を勉強しま~す(苦笑)

スポンサーリンク  

 

学校の様子が見えすぎるのも困りもの

f:id:h-dayumauma4:20190927122403j:plain

 

学校の様子が見えすぎるのも困りもの

 

娘は、公立小学校に通っています。

 

 

通っている小学校では日々の出来事などを写真付きでホームページにUPされています。

 

 

学習参観の様子や、運動会の様子、日々授業の様子などが垣間見れます。

 

 

普段は学校のホームページを見に行くことはほとんどないんです。

 

 

でも林間学校や、修学旅行などはどんな様子なのか気になって見に行ってしまいます。

 

 

ホームページを見て『こんなご飯食べてるんや。』とか、『こんな事してるんや~。』と子ども達の様子を見れるのは本当にありがたいです。

 

 

 

でも、何気ない写真に娘がたまたまうつむいて写っていると、『あれ?何かあったんかな?』と気になってしまいます。

 

 

しかもすぐには何があったのか聞けないし。

 

 

見えすぎるのも考え物だなと感じました。

 

 

 

私の膝の上での号泣は困りもの

f:id:h-dayumauma4:20190927125621p:plain

 

今は学校で何かあると駆け寄って来て『母ちゃん!!聞いて!!今日学校でな・・・。』と報告してくれます。

 

 

辛いことがあったら『今日学校でな・・・。』の後に膝の上に乗り(かなり重いし暑い!!)号泣するということもあります。

 

 

今は小学生だから嬉しかったこと、悲しかったことなどを報告してくれます。

 

 

でも中学生、高校生になると学校での出来事を話してくれなくなるんだろうなと思うと、娘の体重から解放される嬉しさ♪と、娘の学校での出来事を共有出来ない寂しさも感じていくのだろうなと思います。

 

 

自分も体験しているから理解はしています。

 

 

今のところは全くその気配は無くても、ある日気づけば『あれ?最近学校はどうなんやろう?』と寂しさを感じることも多くなって来るのではないかと思っています。

 

 

そんな時には、大好きなプロレスを見て元気をもらおうっと♪と思いながら、わが娘は確か・・・受験生。。。

 

 

・・・いやいや完璧受験生(のはず)です!

 

 

私は今日も中学受験の為の算数を勉強しなければ!!

 

 

これ・・・私の方が誰かの膝の上で泣きたい気分ですっ。

スポンサーリンク

【関西中学受験】文化祭に行くべき3つの理由

f:id:h-dayumauma4:20191002142357j:plain

 

【関西中学受験】文化祭に行くべき3つの理由

 

 ①その学校に通う生徒さんのありのままの姿を見れる。

 

 

秋になると多くの私立学校で文化祭が開催されます。

 

 

学校説明会や、オープンスクールでは見ることができない生徒の皆さんのありのままの姿を見に行って来ました!

 

 

私たち夫婦は公立中学・高校出身なので、私立の文化祭で生徒自身が屋台を運営していることにビックリしました。

 

 

公立だと文化祭もジミですよね~。

(屋台なんてないし・・・公立は文化祭にお金が掛けれないのかな?)

 

 

大学だと生徒が屋台の運営からお金の管理までしているのは当たり前かも知れませんが、高校生が自分たちでお客さんを呼び込み、屋台の運営、お金の管理の全てしていることに感心しました。

 

 

自分たちでお揃いのTシャツを作って、生徒の皆さんがすごく楽しんでいる姿を見て若かりし頃を思い出しました(苦笑)

 

 

 

②実際に見学して自分に合うかどうかを確認できる。

f:id:h-dayumauma4:20191002153920j:plain


 私の勝手なイメージなんですが、私立ってちょっと派手なのかな?と思っていました。

 

 

でもいい意味皆さん普通だったので、親として安心しました。

 

 

娘が今のところ関心があるのは3校です。

 

 

今回文化祭に行って、

『お姉ちゃんたちが楽しそう♪』と言っていました。

 

 

娘自身が、その学校に入学した後のイメージが出来たみたいで、それが勉強へのモチベーションにも繋がって行っているように思います。

 

 

先日の模試の結果が悪かったので、より一層頑張って勉強しようというヤル気スイッチ(←いつまで持続するか分からない)が入ったように思います。

先日の恐ろしい模試の結果はこちら↓

h-dayumauma4.hatenablog.com

 

 

 

③説明会では分からない部分を知ることができる。

 

 

 学校によっては、学校説明会で校内に立ち入れない場合があります。

 

お手洗いも指定された所しか使えない場合もあると思います。

 

 

でも文化祭では、学内を自由に行き来することができます。

 

 

生徒の皆さんが実際に使っているロッカーや、トイレなどを見てなんとなくですが雰囲気が掴めそうです。

 

 

また学内の掲示板に大学の指定校推薦の張り紙があったりするのを見て、説明会では分からない部分を知ることが出来るいい機会だと感じました。

 

 

お子さんのモチベーションアップ(自分に合わないと感じる場合には受験校の変更)にも繋がる文化祭に是非ご家族で出かけられてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

【関西中学受験】五木の模試結果が返ってきた

f:id:h-dayumauma4:20190925104435j:plain

 

五木の模試結果が返ってきた

 

前回の五木の模試を受けてみたはこちら↓

h-dayumauma4.hatenablog.com

 

 

6年生になって急に『中学受験がしたい。』と言い出した娘。

 

 

いつもの夏休みよりも少しは勉強しているみたいやけど、今現在の娘の実力はどの辺りなのかを知っておくために五木の模試を受けてみました。

 

 

きっちり2週間後に採点されたテストと、点数・偏差値、冊子が同封されて送られて来ました。

 

 

冊子には、2020年入試の最新情報、中学入試説明会最新情報、学力テストの結果報告や偏差値などの見かたが載っていました。

 

 

また10月の模試で志望校でテストを受けようと書いてあったので、絶対に申し込みしないといけないですね!!

 

 

 

そして結果・・・。

f:id:h-dayumauma4:20190930101131j:plain



 

すごい!!

 

 

何がスゴイって算数が10点(爆笑)

算数は50点満点じゃないですよ~。

100点満点中10点!!(ドヒャー!!)

 

 

 偏差値って30台があることを知りました!!(泣)

 

 

模試を受ける際に、6年生は志望中学校を第1志望、第2志望校以外で合格判定を希望する中学校についてさらに4校まで選ぶことが出来ます。

 

 

我が家は娘が気になっている3校を選びましたが、偏差値が届いておらずでした。(そらそうだ!)

 

 

今現在、国語と社会は平均ぐらい。

 

算数と理科はめっちゃ勉強しないといけないと言うことが改めて分かりました。

 

 

私はかなり楽天的なんですが、この結果を見て伸びしろしか感じることが出来ませんでした。(←アホですね)

 

 

算数はこれ以上悪くなることはない(はず)。

 

 

これを見てさすがの娘もちょっとショックを受けたようで

『毎日30分早く起きて算数を頑張る!!』

と言い出しました。

 

 

 

なぜ中学受験をするのに塾に通うのか???

 

 

塾に通うことにより強制的に勉強時間が取れ、受験対策(解き方)を教えてもらえるからです!!

 

 

塾に行かないということは、勉強を教える親が時間を掛けて予習し(泣)、勉強を教えなければならないという時間と労力がかなり掛かります。(号泣)

 

 

ここは大事なのでもう1回言いますよ~。

 

 

塾に行かないと言うことは、親の時間と労力がかなり掛かります!!

 

 

でも今はいい時代ですね♪

 

 

分からない所はネットで検索して、すぐに解き方が分かります。

 

You Tubeでも中学受験の算数を解説してくれているのがあるので、それを見て脳のかなり奥にある自分の記憶を呼び覚ましたりしながら(全く分からないときもある)一度自分で解いてから娘に説明します。(苦痛)

 

 

頭の中身が文系の私には本当に骨の折れる作業なので、今回の結果を受けて、正直塾に行ってくれると本当にありがたいと思ったんですが、娘は頑なに塾に行こうとしてくれません(号泣)

 

 

でも今までみたいに娘に全て任せて勉強させるのには限界があることに気づきました。

 

 

毎日勉強することを計画し、実際どんな勉強をしたのか表にして書き出していくことにしました。

 

 

それによって教科の偏り、教科ごとの進捗度が分かると思ったんです。(娘の算数の進み具合が遅すぎる為)

 

 

何もかも手探り状態で不安やけど、まずは中学受験で出ると思われる問題を一通り終わって、過去問をするしかないもんね(と自分に言い聞かせる)。

 

 

そもそも6年生になってから受験って、何もかも遅いのは分ってるけど、とにかくやってみよう!!

 

 

・・・ってこんな感じで進めても大丈夫なんでしょうかぁぁぁぁぁ???

 スポンサーリンク

【関西中学受験】五木の模試を受けてみた(9/1)

f:id:h-dayumauma4:20190925102430j:plain



五木の模試を受けた理由

スポンサーリンク

 

 

夏休みに入り、例年の夏休みよりも勉強はしているようです。



でも・・・このままでいいのか?

 



今現在、中学受験をすると思われるお子さんと、どれだけの差があるのかを確認するために五木の模擬試験を受けることにしました。




夏休み明け(9/1)に五木の模擬試験があることを調べて、HPから申し込みしました。




日能研や、塾が開催する模試があってすごく迷いました。




またもや塾に勤めている友人の意見を聞いて、五木の模試にすることにしました。



~五木の模試にした理由~


・受ける人の数が多い。


・分母が大きいので、偏差値が実態に近い。


・私立中学校に行ってプレ試験体験ができる。




私がボーっとしているので、模擬試験を受けようと思ったのも夏休みが終わる日でして・・・(焦)



模試まで1週間しかない!!(娘よごめん!!)




五木の模試HPに試験範囲が載っているので、それをプリントアウトしました。



模試まで1週間しかないけど、出来るところまでやってみよう。(ホンマにごめん!!)




娘は夏休みが終わり、学校が始まってもなかなかリズムがつかめない様子。 


宿題をして、模試の試験範囲をするように促すんですがなかなか・・・。



私『晩御飯が出来るのと、模試の範囲するのどちらが早く片付けられるか競争しようや。』




娘『え~・・・分かったぁ。』




と言うもののちゃんとやってるのかな??

キッチンからは娘の姿は見えないので、何度か見に行くもやってるようなやってないような・・・。



塾に勤める友人に言われた【勉強を強制しない】ってめっちゃ難しいんですけど(泣)

 

 

小学生が自主的に勉強するなんてある?

 

 

私の学生時代を振り返っても自主的に勉強した記憶が・・・ない!!(苦笑)

 

 

ドラえもんから勉強が好きになる道具を出してもらわんと厳しいなぁ~と現実逃避しそうになります。

  

塾に勤める友人に勧められた勉強法はこちら↓

h-dayumauma4.hatenablog.com

 

 

五木の模試当日

 

f:id:h-dayumauma4:20190925103755p:plain

 

模試当日、余裕を持って出かけ、クーラーが効きすぎて寒いといけないので、長袖のカーディガンを持たせました。

 


やはりクーラーが効いていたようで、模試が終わって出てきたときにはカーディガンを着て来ました。

(夏に模試を受ける方は、上から何か羽織るものを持って行くのをオススメします。)



模試を受けている間、親は近隣の飲食店で時間を潰すのだろうと思っていたんですが、ちゃんと保護者控室があり、そこで模試が終わるまで待つことも出来ます。

 

 

模試が終わると教室ごとに受験生が出て来ます。

 

恥ずかしながら自分の娘を探すのにちょっと苦労しました。

(次回は前もって集合場所を決めておこうと思いました。)

 

 

試験を受けてどうだったか聞いてみたら・・・



娘『全然分からんかった。もう試験の話はしたくない!!でも全部埋めたで。』との事。

 

 

やっぱり1週間では模試に対応出来ないかと私が反省しました。

 

 

模試の問題をそのままもらって来たので目を通すと・・・

 

 

難しい!大人が見ても難しい!この問題を娘に説明出来る自信は・・・ない。(焦)

 

 

模試が返って来たら、間違っている所を一緒に見直そうと思っています。

 

 

子どもが塾に行かないと言うことは、分からない所を親が説明出来ないといけません。(怖)

 

 

今回の模試を見直すために、私の予習に何時間かかるか分からない恐怖に嫌な汗が出ます。

(ちなみに嫌な汗は夏の暑さのせいではありません。)

 

 

五木の模試は2週間ぐらいで自宅に採点された解答用紙、得点、偏差値が郵送されるようです。

 

 

今さらながら中学受験は、学校の勉強だけでは全く対応できないことを理解しました

 

 

次回は、世にも恐ろしい結果を見て爆笑するの巻です。

 

スポンサーリンク

 

【関西中学受験】オススメ問題集と夏休みの過ごし方

 

f:id:h-dayumauma4:20190921141313j:plain

 

私たちみたいにもし『6年生から受験をしてみようかな?』



という方の為になるかもしれないので、どういう事をしたのかを書き記していきたいと思います。

 

 中学受験をしたいと言い出したことはこちら↓

h-dayumauma4.hatenablog.com

 


6年生になっていきなり『中学受験がしたい』と言い出したので、私には全く中学受験についての知識がありません。




色々調べるも、皆さん早々から準備を始めている様子。(そらそうだ!!)



しかも皆さん塾に通っている様子(そらそうだ!!!)



夏休み前に、塾に勤めている友人がいるので、思い切って聞いてみました。




私『小学6年になって塾なしで受験したいって言い出したけど、今から出来るもんなんかな?』



友人『最難関以外なら大丈夫。』



私『え?ホンマに??』



友人『自分でやるっていう、気持ちが大事。小学6年から受験の準備するなら、今からやらなあかんことを言うよ。』



åå¼·ããã女ã®å­ã®ã¤ã©ã¹ã 

~小学6年から中学受験するには~

 



①学校レベルの算数を一刻も早く終わらせる。

 受験の合否を分けるのは算数らしいです。

(夏休みまでがベスト)



②夏休みの間に理科、社会は終わらせる。

 (秋口から過去問にチャレンジ)



③国語は初めて見る文章問題を解くことが重要。

 (試験は初めて見る問題だから)



と、助言をもらいました。



~してはいけないこと~

 



①いきなり過去問をするのはダメ。

(まだ6年間の知識が入ってないのにしても解けない。→やる気がなくなる。)



勉強を強制しない

 (勉強するように親が誘導する。)



③子供の能力以上のものを求めない。

 



勉強を強制しないって難しすぎるな~と思うんですけど・・・。

 



夏休みに宿題以外に1時間は勉強していた娘。



進研ゼミでは夏休みや、冬休みに実力診断テストがあります。



ウェブで提出して、すぐに間違ったところを見直しすることが出来ます。



また全国平均、住んでいる都道府県の平均、順位、観点別バランス、前回受けたテストとの比較ができます。




娘『今回はめっちゃ勉強したから自信あるねん!』





→前回よりも点数が伸びていたようです。



私『夏休み頑張ったからちゃう?』




娘『そう思うわ。』



と勉強したらそれが点数に結びついた事が自信になって、もっと勉強してくれると思ってたんです。



でも、前回より点数が伸びて安心してしまったのか?あまり勉強をしなくなってしまいました。



過去も、今現在も塾に通ったことがない。

幼稚園の頃からしているのは進研ゼミだけ。

果たして受験に間に合うのか???




夏休みに使う問題集でオススメのものを教えてもらったのでご紹介しますね。



旺文社 出る順シリーズ



このシリーズをおススメされた理由は2つあります。

 

 

①過去問を解く前に問題に対する解き方を理解するのに適している。

 

②答えの説明が充実している。



また問題集はいまさら問題を沢山こなすのは厳しいので、6年の知識はこのシリーズで頭に入れて過去問に突入したほうがいいと言われました。


オススメ問題集はこちら↓

 

 

 



おーい!!こんな感じで大丈夫ですかぁぁ~???

 スポンサーリンク

大阪府私立高校等授業料無償化制度と大学就学支援制度

f:id:h-dayumauma4:20190920110531j:plain


大阪府私立高校等授業料無償化制度

 

 

中学受験をするご家庭の年収は、概ね1000万を超えているらしというウワサをキャッチしました。

 

 

我が家はそんなに裕福じゃないので、何かお得な方法は無いのか?

 

 

高校受験が終わった子を持つ友達に聞いてみました。

 

 

私『何か私立中学高校に関するお得な情報無い?』

 

 

なんと!!

 

 

友人『私立高校の授業料が無償化されてるで~。でも授業料だけで、それ以外に私立やったらお金掛かりそうやけど。』

 

 

と言われ大阪府のホームページを検索することにしました。↓

www.pref.osaka.lg.jp

  

2019年以降の私立高校の授業料無償化制度

f:id:h-dayumauma4:20190920095121p:plain

 

私立中学から大学までの10年間で1000万円以上掛かるのではないかと心配していたんですが、高校の授業料無償化制度があることでちょっと安心しました。

 

 

私立高校は授業料以外にも施設費、副教材など20万円以上は掛かりそうですが、通常100万円以上掛かるのを考えると本当にありがたい制度だと思います。

 

 

 

大学就学支援制度

 

 

また大学、短期大学、高等専門学校、専門学校に関しても2020年4月から支援を受けられるようになりました。

 

 

文部科学省のホームページに詳しい説明があったのでそちらをご覧になってください。↓

www.mext.go.jp

 

今のところ世帯年収が約380万円までのようです。

 

 

 

 また私立大学が返済義務のない奨学金制度、無利子で受けることが出来る奨学金制度など独自に行っているところもあり、中学受験の際に付属の大学があれば、その大学について一度調べてみるといいかもしれません。

 

 

私の時代(かなり昔)と違って、今は国や府が高校・大学に至るまで支援してくれるなんて本当にありがたいです。

 

 

これらの支援があることを知り、少しは(お金の面で)安心して中学受験に挑めそうです!!

  

h-dayumauma4.hatenablog.com

 スポンサーリンク

 

 

【関西中学受験】オープンキャンパスに行ってみた

f:id:h-dayumauma4:20190920091410j:plain

 

いきなり中学受験したいと言い出す娘

 

 

娘が小学6年生になるといきなり『中学受験してみたい。』と言い出しました。



主人も私も中学高校と公立だったので、娘ももちろん公立中学だと勝手に思っていました。(苦笑)



私『今の友達と別れることになるけどええの?』



娘『近所の中学は校則が厳しいし、○○ちゃんがオープンキャンパスに行くって言うから私もちょっと興味ある。』



私『じゃあ何校かオープンキャンパスに行ってみようか。』




私は両親に『弟は私立に入れるから、絶対に公立に行って!!』と言われていたので、私立の学校に憧れがありました。




これはチャンス!!私立の学校が見れると思い、オープンキャンパスの日程を検索しました。




ゴールデンウイークに多くの私立中学校でオープンキャンパスをしている事を見つけました。




主人と相談して、とりあえず大学まである中学校を見に行こうということになりました。(安易です)




GWにオープンキャンパスに行ってきた

 

 

オープンキャンパスって言っても学校を見学するぐらいかな?と思っていたんですが違ったんです!!

 

 

 


小学生が興味のありそうな体験授業(事前予約制)をしてくれたり、部活を体験出来たり、食堂でご飯を食べれたり、入試説明を聞いたりしていると、あっという間に1日が過ぎて行きました。

 



ある中学校では、高校受験がない(悪い成績を取らなければ内部進学する)から、選択肢として中学3年生で留学に行くことが出来ると聞いて、留学したかった私の方が受験したくなりました。(苦笑)

 



しかも私立中学校って、施設が充実していて校庭が広くてキレイ!!(当たり前か)



公立ではない部活もあって、娘は初めて体験することに興味津々でした。

 

 

積極的にこれしたい!あれしたい!と優しい生徒さんに教えてもらいながら色んな体験をさせていただきました。

 

 

 

オープンキャンパスに来ている間も、お昼ご飯を食べながら問題集を解いているお子さんを見ると、あまりにも我が家とは違いすぎるので今から受験って遅すぎちゃうの?と思うのですが・・・。




オープンキャンパスに行ってますます『私立中学に行きたい!!』と言い出しました。

 

 

こんな感じで私立中学にチャレンジすることになりましたが、かなり不安です。

 



娘の今現在の夢は”看護師になること




その為にどうしたらいいのかは勉強していたんですが・・・




まさかの私立中学受験なんて全くもって想定外だったので、慌てて情報を探すと。




【小学4年から塾に行く子が多数】


→うちの子がした習い事はピアノと、スイミング。


今現在も続いているのは幼稚園の頃からしている進研ゼミだけ(焦)



【年間かかる経費】


→定期代なども含めると100万以上掛かる(恐怖)




娘が受験したいという中学校の過去問を見たら



『え?こんなん絶対小学校で習わん。』という問題。

 

 

 

しかも娘は『塾には行かない』の一点張り(泣)



塾に行かないと言うことは、娘1人で問題集を解くなんて不可能です。

 

 

親である私がまず勉強しなければいけないという事に気づきました。算数なんて全く解ける自信がない!!(泣)



・・・これどうなるんでしょうか? 

スポンサーリンク

 

はじめまして

大阪在住の小学6年生の娘を持つオカンです。

 

今年娘が6年生になり、急に『中学受験がしたい!!』と言い出しました。

中学受験って、塾に行って一生懸命勉強して本番に臨むイメージがありました。

でも娘は『塾には絶対に行かへん!!』の一点張り・・・。

 

中学受験に対して全く知識のない私が、悪いお手本として皆さんのお役に立つのではないかと思いこのブログを立ち上げました。

 

どうぞこれからよろしくお願いいたします。